ようこそアフィリエイトの世界へ!

アフィリエイトの世界をこれから一緒に冒険しましょう。仲間ともつながり楽しんでいきましょう。

どうやってメルマガをやるのか?

先ほどにも述べた通りメルマガに登録して読者を集め、読者の欲しい情報を定期的に情報配信するのです。 定期的といいましたが、理想は一日1回が標準的なメルマガでしょう。情報が有益なら読者は定期的に 見てくれます。広告を打っていれば見てくれている人が多いほど収入も上がるでしょう。 文章力と言う点ではコピーライティングと言う技術が必要になってきますが、本で研究するか、メルぞうなどで PDFファイルをみるか、サイト下記にある私のメルマガでも解説しております。ぜひクリックして試し読みして みて下さい。収入は多い人で月100万以上稼ぐ人がたくさんいます。これはポイントです。 すぐには無理だとしても何年もやっていればトップアフィリエイターと言われる人に近づく事により、収入が 少しづつ上がっていくことでしょう。

メルマガとは何か?

メルマガとはメールマガジンの略で、まぐまぐ、エクスパートメール、アスメル、オレンジメールなどがあります。 下記にリンク先を記入しておきます。メールマガジンとは自分の好きなタイミングでメールを読者に送る事ができる サービスです。無料のメールマガジンでは多い人で数十万のリストをもっている人もいます。 そしてメールマガジンを利用して広告を打って収入源を確保するのです。メルマガの内容は千差万別です。 しかし、圧倒的に儲かる系のメールマガジンが収入源としては高いでしょう。ですのでお金儲けをしたいのであれば、 FXや株などの商材を売るかネットビジネスのアフィリエイトや転売などをやるのがベストでしょう。 メールマガジンの全体像が見えてきましたか?初心者の人はまだぼんやりとしているかもしれません。しかし、 これは慣れなので作業の中ですぐに慣れてくるでしょう。

 なぜメルマガか?

今回はメルマガの必要性を説明していきたいと思います。なぜメルマガかというと、ブログが受け身なのに対してメルマガは 攻めに向いています。自分からアプローチできるというのはとても効果的なのです。ですのでまだメルマガをやっていない人 はメルマガにぜひ挑戦してもらいたいと思います。まぐまぐなどの無料メルマガもありますので。そしてはじめからうまくいくとは 限りませんが、機会を作ってぜひ定期的なアプローチをしてもらいたいと思います。お客さんがまず初めはいないでしょうから メルぞうなどの無料レポートスタンドを利用してPDFファイルを使って自分がネットビジネスで学習していること、 実践していることをまとめて文章におこすのがおススメです。メルぞうとは自分のノウハウを作ってたくさんの人にみてもらう サイトのことです。ここでは他人のメールアドレスが手に入るメリットがあります。 PDFとは文書表示用のファイル形式で実際に目にしてみる事で理解できるでしょう。 メルぞうとPDFファイルとまぐまぐのリンク先は下記に書いておきたいと思います。他にワードやエクセルが持ってない人には オープンオフィスという類似のサービスもあります。新しい言葉がたくさん出てきてわからない事ばかりでしょうが、 すぐに慣れるでしょう。メルマガ1本で数十万と稼ぐ人も中にはいます。夢のあるビジネスなのであなたにも理解して欲しい ところです。

お客さんの痛み

ウォーターサーバーやなんでもよいのですが1週間お試しなどで使っていると、愛着がわくかのように 手に入れたものを失いたくないという欲求が人間にはおこります。 その結果高い確率で商品を継続して使い続けてしまうのです。 人はお金時間、労力を失うのが怖いのです。 お客さんが感じる痛みやリスクをゼロにするにはどうすればよいでしょう? まずはどうすればお客さんが今すぐ行動してくれるためには、理想的なお客さんの人生のシナリオ、例えば ダイエットで~キロやせるとか、短期的快楽を用意する必要があります。 お客さんが商品をかうまでステップバイステップでどんどん誘導していきます。 あなたの実践記をみせるでも良いですし、商品のメリットを語るのも良いでしょう。 そしてあなたはノートにお客さんが感じているリスクを10以上書いてみてください。 次にお客さんの考える理想のシナリオをかいてみて下さい。 そして最後に商品を買わなければどんなキツイ人生がまっているのか、書き出してみて下さい。

人に商品を売りたい時の方程式2

前回はメリットの話が中心でしたが、今回も方程式と言うとでお話ししたいとおもいます。 まず、なぜ、何、どうやって、いつ、どこで、数字などを文章にちりばめます。 これが方程式です。文章を具体的にすればするほど、5感に落とし込めば落としこむほどひとは購買に向かいます。 人は買い物が大好きなんです。5感をフルに刺激して購買してもらいましょう。 次は値段の紹介のしかた、フレーミングを解説したいと思います。 人はこの商品は値段以上のかちがあるのかと常に考えています。 自分の痛みをともなってお金をはらってまでそんをしたくないからです。そしてその証拠はあるのか文章から探します。 値段は少しでも高いと思わせてはいけません。そして値段はできるだけ見えにくくわかりづらく小さい字で書いて下さい。 そして人は値段を考えるのが誰でも苦手なんです。ですので人には5倍から10倍以上の価値や情報を与えると考えて下さい。 するとあなたから買いたいと、思わせる一歩が踏み出せるのです。 さらに証明や科学的証拠があると良いです。 次はクロージングです。お客は読まない聞かない、信じない、行動しないでしたね。 それを崩すには保証をつけて、お客さんのリスクをゼロにする必要があります。 本来保証のある商品を探しましょう。1か月無料というのもいいですね。 サンプルを送ってもらうのも良いでしょう。 お客さんは常に考えています。この商品を買うのにリスクがあるのか? この商品を買ったあとどうすればよいのか?と。 そこであなたが美容クリームのパッケージの写真や中身の写真をブログにのせて、お客にみせてあげれば お客も安心します。 ダイエットの毎日の体重の変動をブログに書きつづるのも効果があるでしょう。

人に商品を売りたい時の方程式

まずは関連するストーリーを話すことと、メリットの箇条書きです。 特徴とメリットは違います。特徴は単なる印象にたいして、メリットは、その先を話します。 つまり~だらか~の得があるんです。という事を話すのです。 つまり特徴ではなく、メリットを話すのです。他のライバルの商品のレビューなどを見て研究しましょう。 写真や文字の行間なども見ておくとよいでしょう。 商品そのものがパワーのあるメリットになっている場合もあります。 商品の説明は簡単に一行に一つ書いていきます。 文字数も短くしていきましょう。そして文法は気にせず最初はかきこんでいきましょう。 あなたがやる事は商品の通訳をする事です。 論理的に考えてとくする方法を考えましょう。 丘客さんが欲しいモノは本来表面上の事ではなくその先にあるメリットなのです。 特徴ではありません。 例えば車のパーツがすごいとか、何馬力あるとか、社内が静かだとか、いろいろと車を買う特徴はあるでしょうが、 実は友達に見せびらかしたいとか、モテたいとか本来の隠された欲が人間にはあるのです。 ブランドものなどは合理的ではありません。合理的にネクタイ1本2万円もするものは人は普通かいません。 など、今回は特徴ではなくメリットの話をしました。

文章のパワー

なぜこの文章を読まなければならないのか?そうお客さんに考えさせた時点であなたの負けです。 そしてなぜこの文章を最後まで読まなきゃいけないのか?そう感じさせるのです。 こういう秘密がこの文章にはあります。といった類のものを文章にちりばめます。 そして文章を飛ばさず読ますのです。 文章にパワーがあれば何ページでもお客さんは読んでくれます。 逆にパワーがなければすぐに読むのをやめてしまうでしょう。 文章としましては、ニュース性のあるもの。確実だと感じられるもの。健康的なもの。恐怖のあるもの。痛みのあるもの。 無料のもの。 などがあります。 内容は、運動を全くしないでやせる方法や、もしあなたが借金が~円あるなら、や何かの得をリスクなしで得られる方法や、 借金を30日で返済する方法などが例としてあげられます。 そして次はストーリーについて話したいと思います。 ストーリーはお客さんのガードを下げます。そこが最大のチャンスとなるのです。 ストーリーは技術です。パワーのある単語を使いましょう。 鮮明に描く必要があります。5感に落とし込み、理屈をまぜて、解説しましょう。 お客さんになりきり、お客さんの使いそうな単語を使います。   この人は私の悩みを本当の解決してくれるだろうか? 常にお客さんの頭では本当に商品を買おうか葛藤しています。 お金を使うのに人は痛みを感じるのです。 そんな時、これまで話したストーリーや、パワーのある単語を使って、お客さんの背中を押してあげるのです。 ストーリーの順番は まず似ている境遇からスタート(体重など)何をやってもうまくいかない日々、それから出会い、キセキがおきます。 成功の連続です。それを周りに教えて、最後にあなたの番です。 といったながれです。ぜひストーリーの技術をマスターしてください。

文書スタイル

文書を書くということは文章を欲しがっている人になりきるという事です。 そして文書のコツとしてはフレンドリーな感覚で書くのがだいじです。 ちょっとお酒が入ったくらいでよいです。 文書を書いている時は自分がお客さんになりきり、その現実をよく理解して 文書を書いて下さい。 そして、たった一人のお客さん像を作ります。どんな職業でどんな趣味でどんな食べ物が好きで とにかく売りたい理想のお客さんになりきるのです。 そして大事なのが抽象的な事は言わず具体的な事を書くという事です。 これができてない人がたくさんいます。 私はこんな感じでこんな気分でこんな気持ちでした。と、いうようなふわふわとした文章です。 これはいけません。 測れる事、具体的な事に注意しましょう。 文章で興味を引き続ける事も大切です。 お客の現実に入りきりましょう。そうすれば興味ポイントもわかってくるはずです。 これがお客になりきる意味です。 そしてできればお客さんと毎日話すのがベターですね。 普通は無理でしょうが、できれば顧客になりそうな人とは会話をして、現実をしって下さい。 あなたが今回やる事はふつうに遠慮気味のふだんの文章をセールス文書を書いて下さい。 次にゆるーい感じの少しなれ慣れしい位の友人のような気持ちで文章を書いてみてください。 それらを比べて文書の違いを実感してください。

欲望は永遠につづく

あなたは欲望は自分で決まっていつか満足するものと考えていますか? そう思っているならそれは間違いです。 以前にもお話ししましたが、小さなよくから大きな欲まで欲望はどんどん 大きくなります。 そして最も重要な部分は、1の欲望を10にする事は可能ですが0の欲望 を1にする事はできないのです。 どういうことかというと読んで字のごとく0の欲はどう頑張っても0 で1以上になれないのです。 お客さんに対しても全く関心のないお客には売れないけども、1でも、ちょっと でも欲しいと思っているお客さんには欲を刺激して増大する事ができるのです。 あなたのテクニックしだいなのです。 どうすればよいのかというと、なるべく文章を書く上で生理的な欲求を刺激して 下さい。 食べたいとか寝たいとか排せつしたいとか、とにかく欲求のなかで一番原始的な 部分です。 そうするとお客の反応はかわるでしょう。 反応してしまうのです。これを爬虫類脳を刺激するともいいます。 9割以上のお客は余裕がないのです。 なのであなたの文章がなんのテクニックのない文章なら余裕でスルーされるでしょう。 文章テクニックを学びましょう。

ブロガーの仕事術

まずは書く習慣をもちましょう。 一日2時間持てればベストです。 朝一でかくのが最も良いでしょう。 なんどもいいますが専門分野に特化してください。 あれもこれも書いてしまうと軸がブレます。 毎日スケジュールを決めて、ルーティーンと書く時間 を決めましょう。 毎日自分に苦にならないような仕事の習慣を作りましょう。 ここでポイントは、夜寝る前に資料や参考になるブログなど を見て寝て、寝てる間に自分の明日の文章が完成する。 と、自分に言い聞かせるとうまくいく傾向にあります。 大切なのはプレッシャーはかけてはいけない事です。 いつでもリラックスです。 そして自分の仕事パターンを決めて実行していきます。 完璧主義はいけません。手がとまってしまいます。 最後まで書ききって下さい。その後で修正すればよいのです。 あなたがブログでやる事は、自分をブランディングして、 特徴やキャラクターを覚えてもらう事です。 自分のやってきた事、こんな事が商品を使って効果がありました。 や、この商品はこんな特徴があります。など、解説する事です。 そしてお客をそして楽しませる事も大切な事ですが一番は進化させることです。 あなたのもとでいると進化できると感じると、常連さんになってくれます。 カスタマーともいいます。 お客さんの期待を裏切らないような、そんなブログを日々更新 しましょう。

All the developers of D5 Creation have come from the disadvantaged part or group of the society. All have established themselves after a long and hard struggle in their life ----- D5 Creation Team